読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脚本・虚淵玄の劇場アニメ「楽園追放」がTV初放送! TOKYO MXにて3月26日19時に実施

[注目記事紹介コーナー]

[時事ニュースコーナー]

[幼女戦記コーナー]

[幼女戦記コーナー]

幼女戦記』9話「前進準備」感想

454 :
AT-X終了
ターニャちゃんの天敵ドクトル再び
今回のターニャちゃんの任務はV-1に乗って敵指令部に特攻・・・本当に無茶するなw

459 :
ドクトルが絡むとターニャちゃんが可愛くなるな
自分よりヤバい奴を前に毒気を抜かれるというか

461 :
あのオッサンはまたオーパーツを作り上げたのか。
量産型ってことは存在Xの加護は無いだろうから、純粋に技術力だけで作り上げたことに…
デグさんだけじゃなくて、こいつも十二分にバケモノだよな。
あとヴィーシャもスゴい。
初陣で、しかもデグさんの下でライン戦線の地獄で戦場処女を失うような体験をすると、
あんなに神経が太くなるんだなあ。

462 :
ターニャちゃんになれるのがMADの前だけというのがまた

482:
原作にはドクトル自身が解説する場面はないね
アニメは良改変

503:
音速幼女
減速なしで息できるのか

537:
そこで砲弾にも耐える防殻術式と酸素精製術式ですよ

548:
V1発進のシーンはせつない曲も合わさってMSIGLOOを思い出したわ

552:
V1人力誘導とかイゼッタみたいな展開でワロタw

509:
飛行テストしてなかったらしいけど、上手く行ってよかったな
空気抵抗は防げても衝撃波で筒自体が潰れて圧死だなんて笑えなーい

463 :
AT-X見てきた。
エンディング曲が元に戻った。
てか、先週のエンディング曲はデグレチャフ少佐が悲壮な状況の中で回想する場面で流れていた。
あの隊で一番肝っ玉が座っているのは、デグさんでも誰でもなく、間違いなくヴィーシャだな。
タイヤネン准尉って、野戦病院で「腹が、腹が!」ってのたうち回っていた兵士か…。

465 :
ああ、アイツか。気が付かなかった。
シリアスなシーンかと思ったら、ずいぶんマヌケな状況だったんだな。アレ。

464:
敵司令部にのり込む時に前回のEDに使われてた挿入歌で前回とはうって代わり
最終決戦に臨む主人公感出てたわ

466:
やっぱあのedが一番いいよ
テンション滅茶苦茶上がる
468:
ヴィーシャは豆腐じゃなくて粘土メンタル
大抵の衝撃波吸収する

496:
ゼールーコンビでさえナーバスになってるのにムーミンはグーグー寝てるw

490:
ヴィーシャのベテランの貫禄イイ

491:
ヴィーシャはよく訓練されたベトコン

506:
会議でのゼートゥーアのセリフ
「敵の戦争継続能力を粉砕する」、これ原作でのデグさんのセリフじゃないか
そんで、「具体案はあるのかね?」の返し、これって漫画版ゼートゥーアのセリフじゃないかw
これはあれかね、原作組にゼートゥーアはデグレチャフレポートちゃんと読んでますよって事を伝えたいのかねw

508:
いやアニメでも前に面談した時にそっくり同じやり取りをしてるよ
今回のゼートゥーアの言葉はまんまデグの受け売り

522:
いやいや、アニメの4話だと「戦争継続能力を粉砕する」のセリフがカットされてたのよ
尺の都合でカットされたセリフをわざわざ9話に持ってくる、憎い演出じゃないかね

507:
デグが背後から撃たれた!?的な暗転は一体何だったんだ?
しばらく姿見せないからハラハラしてたのに
何事も無かったように普通に無傷で出てきたな

517:
あれ確かに意味わからんかった

521:
たぶん絵が間に合わなかったんじゃね?

523:
デグさんでもついうっかり後ろを撃たれる位の激戦だったってことを表現してるんじゃない?

514:
今観た。ワロタw
やはりターニャの顔芸は素晴らしいww

526:
戦場で止まって砲撃されても笑っていられるデグ&ムーミン

535:
デグの力抜けた「ドクトルぅ」って呼び方好き

471:
ジャガイモこわい

484:
Cパート、何だよこれw

485:
芽が出ていたのか

539:
激戦の中あんだけ部下が継戦不能になって、どれだけ被害が出たかと思ったら腐ったジャガイモで腹こわしタイヤネンだけって

544:
あのお腹痛いて呻いてた人波乱壊しただけなの?w

550:
悪くなったジャガイモは猛毒
いま市場にでまわってるジャガイモは
発芽しないように放射線あてたりまでしてるんだぜ

559:
補給が滞って新鮮な食料が行き届かなかったんだよ
アレーヌで線路切られた影響だよ
つまりタイヤネンさんはアレーヌの被害者

553:
放射能と言えば流石のデグさんも核開発(核分裂の簡単な概念も含めて)は進言してないのかな?
まあ、開発しててもあの時点では資金面技術面で目鼻立ちすらしてなかったろうけど

554:
概念自体はすでにある時代だろ

556:
核分裂反応を真面目に語ろうとすると
理系の大学を出てないと厳しいぞ
デグさんの前世の人(中の人だと悠木碧になっちまうのがややこしいw)は
ミリオタ歴史オタではあるが理系じゃないみたいだし

560:
逆に言えば理系の大学でてれば余裕くらいだったりするのが、広島型の原爆なんだよね。
材料さえ調達できれば、後はそれを濃縮して爆弾つくって、同時起爆装置つくればいいだけ。

567:
9話の大幅な流れ
・帝国はアレーヌで兵站にダメージを受けたため、共和国軍を誘い込んで大ダメージを与える作戦を計画
・帝国は罠を悟らせないために、主力は無事に後退させつつ、殿の部隊には逆に攻勢に出ているように
見せる任務に203らがあたり上手くやってのけた
・次の203に任される仕事は、MAD科学者の開発したV-1という名前の魔導師をミサイルに載せて
共和国が襲撃を予想されていない司令部高々度から襲撃をかけるという攪乱役
・その他の罠はレルゲンがしっかりと仕掛けており、作戦の成否は203が上手く敵司令部を無力化
出来るかにかかっている(以下次回に続く)

570:
いいとこで終わりやがって…また一週間待ちか…

602:
●年表
1914(アニメは1913年)7月18日 デグさん生まれる
1923年     9歳で士官学校卒業
1923年6月   協商連合越境、少尉に昇進、銀翼突撃章授与(アニメ2話)
1923年     本国戦技教導隊付き、技術検証要員として出向(アニメ3話)
1923年     95式の実戦検証、敵中隊を単独で撃破、航空突撃章授与
1923年     第205強襲魔導中隊に配属、第3小隊長
192x年     中尉に昇進、ラインまででの撃墜スコア62、軍大学入学
1924年4月13日 デグさん「市街戦への対応」レポート作成
1924年     大学卒業、大尉に昇進、参謀本部付き第601編成部隊編成官に就任
1924年     第203航空魔導大隊大隊長に就任、少佐に昇進
1924年9月24日 ダキア戦役(アニメ5話)
1924年11月6日 クラグガナ物資集積地点防衛(アニメ6話)
1924年11月16日 参謀会議(7話冒頭のコーヒーびちゃびちゃ)
1924年11月29日 オース・フィヨルド上陸作戦(アニメ7話)
1925年4月    7話Cパート
1925年5月4日  火の試練(アニメ8話)
1925年5月10日 前進準備、「霧と太陽」(アニメ9話)
1925年5月25日 第2作戦「衝撃と畏怖」